塔デュランを使用!使いやすいコロシアム占い師デッキをご紹介!

今回は、今公式コロシアムで暴れまくっている占い師について書いていきます。

ラストのあの爆発的な火力の範囲タロットを見ていると自分でもやってみたくなりますよね。

「でも、どんなデッキを作ればいいのかわからない…」っていう人は結構いるのではないでしょうか。

そこで、今回は自分が一番使っている公式で使いやすいとってもシンプルな使いやすいデッキを紹介します。

デッキ紹介

こちらです。

めちゃくちゃシンプルですが、ポイントを見ていきましょう。

魔王の誘いからのSSSサーチ

今回のSSSサーチはこの4つとなっています。

悪霊ではなく三悪魔にしているのは、こちらの記事を見ていただければわかるようにキングヒドラの威力がぶっ壊れているからです。

ぶっこわれの新職!?占い師☆その1タロットの火力編

また、もう1枠をデュランの塔にしている理由を話します。デュランの効果は、HPが満タンの時に効果が2回発動するというもの。教皇に入れると一気にスク2にできることができるので教皇にデュランを入れている人もよく見ますね。塔なら1ターンで2回ダメージを与えられます。

塔に入れている理由は、魅惑の水晶球を使った時にオーラを消化せずにゾンビ処理やとりあえず打つことが出来るのがとても使いやすいです。また、先にヒドラを使った後に最後の一押しとして使うことが出来るのもいいですね。

教皇ももちろん強力なのですが、ラストに魔王の誘いをして引いても使いづらい点や味方のスクルトと被りやすい点を考えると塔のほうが強いと感じました。

モンスターの枚数について

今回は、三悪魔、デュラン、ミケまどう×2、マッドスミス×2、ヘルバトラー×2、キラーマジンガ×2、ネクロバルサ×2、スイーツトロル×3、タイプG×3となっています。

ミケまどう、マッドスミスはタロットの射程を長く、範囲を広くするので必須といえるでしょう。

ヘルバトラーは2枚いれるだけで攻撃魔力が48も上昇するのでアクセで攻撃魔力を盛るより簡単にタロットの威力を上げられるのでオススメです。

キラーマジンガも同じように、2枚いれるだけで攻撃力が16上昇します。占い師はタロット以外にも4つの武器で攻撃できるので攻撃力は大事ですね。

ネクロバルサは手札に入ったときに20%の確立でテンションが上がります。テンションは水晶球からの塔だけでなく、片手剣のギガブレイク、弓のダークネスショット、棍の棍閃殺などにも使えるので大事な要素となります。

タイプG、スイーツトロルはそれぞれキラーマジンガの攻撃力が1枚4ずつあがるもの、ネクロバルサの15%でテンションがあがるものとなっています。自分は3枚ずつがバランスがよくて好きなのですがここは好みで変えてもいいと思っています。

なんでこんなにモンスターがバラバラなのか

今回のデッキは、2枚だけ入れているカードが同じアルカナに2つまとめていれていません。(例えば魔術師を両方キラーマジンガにしていない。)これは、もちろん自分が持ってるカードを適当にいれたからこうなっているわけではありません。

2枚しか入れることができないモンスターは2枚揃うだけでオーラになることを利用します。

例えばマッドスミスですが、アルカナは魔術師と運命になっています。2枚揃ったときにはオーラが発動するのですが、片方をオーラで仕様するともう片方は絶対オーラを使うことができません。

運命はオーラが宿った時の効果が「成功確率が上がり 生き返った時の回復量が最大HPの40%になる。」に対して、魔術師は「確実にテンションが2段階あがる。」です。

個人的に運命のオーラは必要なく、魔術師のオーラは強いと考えているのでどちらかを使えるときは魔術師のオーラを選択します。

このようにオーラが強いタロットと弱いタロットでモンスターを分けるとオーラが有効活用できて効率がいいと思います。

さいごに

デッキについては人それぞれの正解があります。今回のデッキは、とてもシンプルで使いやすいデッキとなっているので 見た人がどんどん改変していってよりよいデッキにしてもらえたらなと思います。

また、占い師をやったことないという人はこのデッキをまず組んでみて公式に潜ってみましょう。占い師の面白さがわかると思います。

今回はデッキ構築について話しましたが、立ち回りについてもいつか話せたらなと思っています。立ち回りは文字で説明するのはかなり難しいので動画なんかも上げれたらいいかもと思っているので期待しておいてください。

今回のアンケートは公式コロの動画について聞くのでみなさんの意見を聞かせてください。また、モチベにもつながるのでぜひぽちもお願いします


人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク